自律神経からの痛み | ボルタレン・ジェネリックで関節痛などの痛みから解放されよう!

自律神経からの痛み

赤茶色の薬

関節痛の痛みの原因はさまざまですが、じつはその中のひとつに自律神経からくる痛みというのもあるのです。
自律神経といえば、自分の意思とは関係なく働く神経のことをいいます。例えば熱い、寒い、痛いといったものは寝ていたなら感じることが出来ません、これは脳からの指令を体に伝える神経、体性神経の役目です。しかし、寝ているときなどにそれは必要ありません。寝てても必要なことといえば、生き死にに関わるようなこと…たとえば心臓や内臓を動かすとか、血圧や体温の調節をするなどです。こういった生命を維持させるのに重要な体の機能をコントロールしているのが自律神経です。
自律神経は交感神経と副交感神経という二つにわけられます。交感神経は不安や緊張などストレスによって優位になる神経。副交感神経はリラックスしているときに優位になる神経です。このふたつは同時に働くことはなく、バランスを取ることで健康を守っているといえます。

そんな自律神経によって関節痛になってしまう…というのはどういうことでしょうか?
激しい運動したあとに起こるような関節の痛みというのがあります。これは、激しい運動をしてないのに、した後のような痛みを感じるという意味です。ほかには歩くことも出来ない程の痛みや、一気に年取ってしまったような痛みを感じるというのも特徴。
そのメカニズムは次のようになっています。まずなにかしらのストレスを感じることで、交感神経が優位になります。こうなると筋肉と血管が収縮するという現象が起き、血液中の酸素が筋肉へ十分に行き渡らなくなります。そうすると血液が巡ってこないため、さらに筋肉が緊張状態となり収縮します。これにより血管はさらに収縮する筋肉に押しつぶされるようになるので、その結果関節痛が起きてしまうのです。

ボルタレン・ジェネリックを使えばそんな自律神経の痛みもまた改善することが出来ますよ。